• おじさんでも若くいたい。若くみられたい。そんな悩みを解決したい自分の体験や調べたことをまとめたサイトを目指してます。

アンチエイジングや健康の本に多く紹介されている「オメガ3」の効果と売筋商品のまとめ

最終更新日

こんにちは。「老化」という言葉に敏感に反応してしまう、あきろぐです。

「アンチエイジング」と書かれた本を見つけてしまうと、読まずにいられない日々を過ごしていますが、その中でもよく紹介されているのが、「オメガ3」という言葉です。

今回は「オメガ3」って何?
どんな効果があるの?
ネットでの売筋商品はどんなのがあるの?
改めてまとめてみたいと思います。

オメガ3って名前がなんか、カッコいいよね!

発想が子供か(笑)

………

オメガ3って?

オメガ3とは、別名「α-リノレン酸」とも言い、亜麻仁油やしそ油(エゴマ油)などに多く含まれている、体に欠かせない栄養素、必須脂肪酸のひとつです。

体に欠かせない栄養素ですが、オメガ3は体内でほとんど合成する事が出来ないので、食事などで意識的に摂り入れる必要があります。

現在市販されている多くの調味料オイルは、オレイン酸や、リノール酸を多く含むものが多いので、α-リノレン酸 が不足してしまう、だからこそ積極的に摂った方がいいのですね。

オメガ3の効果はどんなのがあるの?

アンチエイジングに最適

オメガ3は、アンチエイジングに効果があると言われています。

活性酸素を除去したり、細胞膜を柔らかくする作用があるので、肌に潤いとハリを与えてくれるといった、効果が期待できるようです。

また、抗炎症作用によって、肌荒れ、赤み、かゆみなどのトラブルを改善してくれる効果も期待できる、血流を促進させる働きがあるので、体の代謝アップも期待できるなど、アンチエイジングに期待が出来る効果が沢山あるようですね。

心や身体を元気にしてくれる

青魚に含まれるDHAやEPA、コーン油やオリーブオイルに含まれる、オメガ3、6、9系脂肪酸は、ストレスによる不安や恐怖心などを和らげてくれる効果があると言われています。

ネガティブ思考になりがちな時に、オメガ3系脂肪酸を摂る事で脳をいい状態にして、沈んだ気持ちを上げて心や身体を元気にしてくれる効果に期待したいですね。

血流の流れをよくする

オメガ3脂肪酸には、血管壁の脂肪蓄積を予防して、血液の流れを保つ効果があると言われています。
血流の流れを良くして、動脈硬化を防ぐ、栄養素などが全身に行き渡るなど、さまざまな病気の予防にも期待出来ますね。

どんな食品に多く含まれてるの?

オメガ3系脂肪酸はどんな食品に多く含まれているんでしょうか?

  • サバ
  • サンマ
  • イワシ
  • マグロ(トロ)
  • うなぎ
  • イクラ
  • あん肝
  • くるみ
  • えごま油
  • 亜麻仁油

これらがオメガ3の多い食品でした。

1日にどれ位を摂取するのがいいの?

食事摂取基準(厚生労働省)2015年版によると、オメガ3脂肪酸の1日に必要な摂取量は、成人女性が1.6〜2g、成人男性が2〜2.4gと示されています。

オメガ3オイルのネットでの売れ筋商品は?

ニップンアマニ油150g

酸化をおさえる容器を使用していて、油が空気に触れにくい2儒構造ボトルで風味を保ってくれるアマニ油です。

日清アマニ油 145g

新フレッシュキープボトルと酸化ブロック製法で、油を酸化から守るチカラがアップ。一滴から注げ、欲しい分でピタッと止まる、液だれしにくい注ぎ口です。

アマニ油(亜麻仁油)イタリア産 低温圧搾 / コールドプレス オメガ3

お得な大容量の360g。日本の大手メーカー製と比べてほぼ同成分で、とにかく価格のコスパがいいので、メーカーにこだわらないならこれかと。
送料なども考えるとAmazonでの2本セットがおススメです。

読んで頂きありがとうございました。

やっぱりオメガ3って名前がカッコいいよね!

しつこいと嫌われるよ(笑)

………すいません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。