• おじさんでも若くいたい。若くみられたい。そんな悩みを解決したい自分の体験や調べたことをまとめたサイトを目指してます。

元靴屋の販売員がおすすめする雪国に引っ越したら1足は持っていたい防滑底シューズメーカー

最終更新日

以前に雪国と関東で靴販売の売り場を任されていた、筆者が感じた事。
雪国の靴屋で売っている冬靴「防滑底」シューズと、関東で仕入れ出来た冬靴「防滑底」シューズは全然機能が違うという事でした。

これから雪国に引っ越しが決まっている人・または雪国に来たばかりの人・長期で冬の北海道の旅行を満喫したい人。

「滑るのは嫌だ~」「転ぶのは困る」なんて方におススメの雪国で活躍する冬靴のメーカーを紹介していきたいと思います。

雪国の人間でも転ぶ事は沢山あるんだよ!

あきろぐ君、混雑の雪まつりで豪快に転んでいたよね(笑)

負の思い出を引っ張り出しおって……

North Date(ノースデイト) シリーズ

雪国の人ならお馴染みのシリーズは「ノースデイト」が思いつく人が多いと思います。

「株式会社ダテハキ」から販売されているこのシリーズ。

株式会社ダテハキは、札幌に本社をおき、雪と氷を研究し、履きやすい靴を求めて70年という、ファッション商品の製品企画や、専門店・量販店・百貨店に対しての販売をしている会社です。

レディース・メンズ・キッズ・ジュニア向けの冬靴を販売していて、何より防滑底のこだわりと、キッズが3000円台から、レディースでも4000円台から購入出来るお手頃な価格も魅力の1つですね。

それでは、いくつかおススメの商品を見てみましょう。

ノースデイトME7013

こちらはレディース用です。
特徴はWクリップスパイク仕様です。
かかとのスパイクは折りたたみ式になっているので、路面状況に合わせて使用出来ます。

履き口がボアになっていて暖かく、生活防水仕様で3㎝水深3時間連続耐久仕様で、深い雪でなければ水が染み込んでくる事も少ないと思います。

ノースデイト530

男性のビジネス用で外回りなどに最適なビジネスシューズですね。

オレンジの所4点が、鋼のピンスパイクになっています。
こちらも、4cm水深で4時間連続耐水仕様で浅い雪なら水が染み込んでくる事が少ないです。

冬靴は革でしたら水が染み込んでくる可能性がありますので、こちらは水に強い合成皮革のシューズ。
合成なので革靴に比べて、足が蒸れてしまう事がありますが、メッシュインナーを使ってるので、その辺の対策も出来ていると思います。

株式会社ダテハキのHPはこちらです http://www.datehaki.co.jp/        

実際に雪国の靴屋さんで色々なシリーズを見て、試し履きするのが1番いいのですが、探してる靴が見つからない!売ってない!時はネットで買う事も出来ます。

Amazonnのダテハキはこちらから

Yahooショッピングのダテハキはこちらから

楽天のダテハキはこちらから

シェブリー シリーズ 完全防水スエードブーツ

こちらは、主に長靴を扱っている、北海道小樽にある会社「第一ゴム株式会社」です。

第一ゴムでは、北海道・小樽の自社工場での国内生産にこだわっていて、「丈夫で長持ち」するという声もお客様から沢山頂いた記憶があります。
1足1足、人の手で作り上げているという所も最高ですね。

第一ゴム株式会社さんの長靴は、北海道では人気があり、「第一ゴムの長靴を下さい」と名指しで商品を探しに来るお客様も沢山いらっしゃいました。

主に長靴を扱っている第一ゴムさんですが、今回はその中でも女性の長靴ではないけど、完全防水のブーツを紹介したいと思います。

シェブリーW651

スエード調のスノーブーツです。
表面はスエード調で仕上げてますが、ゴム製なので
防水性は抜群です。

底は鉄ピンスパイクと金剛砂のダブルスパイク。
マジックテープ式で脱ぎ履きも楽々です。

先程のノースデイトと比べると値段高めですが、日本製・完全防水にこだわるなら1度お試しに試し履きしてもいいと思います。

実際に雪国の靴屋さんで色々なシリーズを見て、試し履きするのが1番いいのですが、探してる靴が見つからない!売ってない!時はネットで買う事も出来ます。

第1ゴム直販店「北のマルシャン」はこちらから http://www.kita-marchand.com/

Amazonはこちらから

Yahooショッピングはこちらから

楽天はこちらから

TOPAZ(トパーズ) シリーズ

こちらは「世界長ユニオン株式會社」から発売されているTOPAZシリーズの紹介です。

TOPAZは、北海道から鹿児島県まで幅広く扱っているお店があるので、目にした事がある人は多いと思います。

ですが防滑底の靴となると、取扱い店舗によっては品揃えしていない所もあると思いますので、紹介させていただきます。

TOPAZは1986年、ヤングミセスのカジュアルブランドとして誕生して、『軽くて・歩きやすく・疲れにくい』といった”コンフォート”機能を前面に打ち出した商品展開を開始し、女性向けコンフォートシューズの先駆け的存在として、多くのお客様に愛されている商品ですね。

今回はTOPAZの中でも、防滑機能がしっかりしていて、雪国でも安心な商品が販売されているので、防滑底を中心に紹介していきます。

TOPAZ TZ4818

こちらは女性用のカジュアルショートブーツです。
雪道対応ソールになっていて、マジックセンサー+ウェットセンサー+波型底意匠の3つの機能がついています。

防水も水深4㎝×8時間防水と、先程紹介したノースデイトより長い防水時間の機能があります。

TOPAZ MTZ-0128

こちらはメンズ用です。なぜこの商品をあえて紹介したかは、筆者が今冬用として購入して、実際履いているからです(笑)

デザインもなかなか良くて、底面の特殊配合ゴム「マジックセンサー」※0度で硬化をはじめ圧雪に突き刺さる堅が、ソールが滑りを防止してくれます。

水深4cm×8時間防水、幅広4Eです。

底面はこんな感じです。普通に履いているので汚れていますが、そこはスルーして絶対に汚いって突っ込まないでくださいませ。

実際に靴屋さんで色々なシリーズを見て、試し履きするのが1番いいのですが、探してる靴が見つからない!売ってない!時はネットで買う事も出来ます。

TOPAZのオンラインショップもあるのですが、防滑底ではない商品と混在してしまって探しにくいため、今回は、TOPAZ防寒で探せる所を紹介します。

Yahooショッピングはこちらから

楽天はこちらから

今回は元靴販売員の目から見た、お手軽な価格での雪国で1足は持っていていたい、靴のメーカーを紹介させて頂きました。
これから雪国に行く人・路面が心配でどうしようと言う人の、何かの参考になって頂ければ幸いです。
読んで頂きましてありがとうございました。

転ぶと「痛い!」より恥ずかしいが最初にきて、その後じわじわと痛みが襲ってくるんだよね…

大丈夫!あきろぐ君は普段から、なんか恥ずかしいから(笑)

ひ、酷い……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。